りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。視触診だけで簡単に下された診断。そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。“良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

最後の誕生日。

今日、“4月13日”は、私の誕生日である


“4”と“13”という不吉な数字の日に生まれた私は、


母が、

「あんたなんか産まなきゃよかった」と言っていたように、


「この世に
 生まれてこなければよかった人間なのかもしれない」

そう思ってきた


子どもの頃は、

「どうしてみんな
 楽しそうにお誕生日会なんてするんだろう」

「どうして生まれた日は“おめでとう”と祝うのだろう」

と、不思議に思った


私にとって誕生日は、“嬉しくない日”だった




そんな人生を送ってきて、

「誕生日も悪くないかも...」

そう思うようになったのは、
乳がんになってから

昔の友人たちが、
(気を遣って)食事会を開いてくれたり、

周囲の人たちが優しくしてくれたり...


そんな温もりに、
初めてどっぷりと浸かってみたりした



感謝してもしきれない仲間たち


病がつないでくれた絆――




  来年の誕生日はあるだろうか...




   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
    両方押していただけると嬉しいです
       ↓         ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  人気ブログランキング   にほんブログ村


 ★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

 ★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から



「死にそう」

「死にそう」――


子どもの頃、
“死”というものがどういうものなのか、
理解せずに簡単に使っていた


「お腹が空いて死にそう」

笑い転げて、「お腹痛くて死にそう」

ちょっと疲れれば、「死にそう」...




自分ががんになって、「死ぬかもしれない」

そう思って、

たくさんの仲間たちの命ががんに脅かされて、

たくさんの仲間たちの命ががんに奪われて...



そんなとき、
テレビ番組で簡単に「死にそうだよね」

...と、
笑い事として口にしている芸能人の言葉を聴いて、

「“死にそう”なんて、
 冗談で口に出すものじゃない」

そう思った


がんだけではなく、
世の中にはたくさんの病があって、
その病と今まさに闘っているたくさんの人たちがいて、
命と向き合っている人たちがいて、
その病に命を奪われたたくさんの人たちがいる

それは病気だけではなく、
不慮の事故で亡くなる人もいる




いくつのときだっただろう

家族でテレビ番組を観ていたとき

あまりの可笑しさに、
笑い過ぎで腹筋が痛くなった

「死にそう...」

と、不謹慎にも口に出してしまったことがある

いや、あの当時は、
誰もが“簡単に”使っていた言葉だった


そんな私を一瞥した母は、一言、

「死ねば」――


私が、
「死にそう」という言葉を使わなくなったのは、
あれがきっかけだった


どちらも、
軽々しく口にしてはいけない言葉



過去の自分に反省――




   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
    両方押していただけると嬉しいです
       ↓         ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  人気ブログランキング   にほんブログ村


 ★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

 ★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


 

今日も空は青く――。

『地球は青かった』――


...と、言いたいところではあるが...




2021/04/12 朝の空




残念ながら、

私たちが観られるのは“空”だ



が、こうして青い空を眺められることは

しあわせなことである





そんな今日も、ちょっとだけ冷え込んだ朝

氷点下3.3度



日中は21度まで気温が上昇するらしい




身体がついていけない季節である







さ、一週間のはじまり



まずはコーヒーでも飲んで――



  世界中の人たちが、
  笑顔でいられる時間がたくさんありますように





   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
    両方押していただけると嬉しいです
       ↓         ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  人気ブログランキング   にほんブログ村


 ★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

 ★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


 
りかこプロフィール


★2009年5月より
医療機関開催“がんサロン”発行による『がんサロン通信』にて、体験記・エッセイ執筆

★2010年9月
市広報にて体験記掲載

★2011年8月31日
乳がん体験記『4分の3の乳房(ちぶさ)』書籍自費出版

★2012年1月21日
講演『乳がん闘病記 ~「ありがとう」と「感謝」の気持ちに至るまで~』

★2012年4月5日
FMオホーツク『乳がんについて』FPとの対談

★2012年4月
キーストーンアライアンス『百年シナリオ通信』記事掲載

★2013年6月より
サイト『ドクターズガイド』ブログ掲載

★2016年9月14日
フジテレビ『めざましテレビ ~がんの見落とし~』ブログ紹介・インタビュー放送

★2020年3月
一般社団法人全国がん患者団体連合会『がん教育外部講師講座』修了


★その他
講演、ピンクリボン運動など啓発活動


★国家資格
1994年10月、調理師免許取得(食と健康を考える乳がん患者)

メッセージはこちらへ
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
 左乳房にしこりをみつける  

★2002年3月4日(月)
 視触診の結果“良性”と診断

★2006年11月8日(水)
 左乳房のしこり再受診  

★2006年11月15日(水)
 左乳房のしこり一部切除
  (外科的生検)

★2006年11月28日(火)
 乳がん告知      

★2007年1月11日(木)
 左乳がん手術

★2008年7月8日(火)
 局所再発の疑いで、
 細胞診・組織診(結果は良性)

★2009年2月17日(火)
 対側(右)乳がんの疑い
 (前年からしこりあり)経過観察

★2010年2月16日(火)
 右乳房細胞診(結果は良性)
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)
  (化学療法・放射線が効かない稀ながん細胞)
 ・非浸潤性乳管がん

 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・乳房扇状部分切除(4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤、
  4週間毎、2年間(23回)投与
 ・抗エストロゲン剤(クエン酸タモキシフェン)、
  5年服用
ブログ記事検索
月別アーカイブ
たくさんの仲間のブログが見られます
Pinky Ring 黒


コメント欄について
★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
 これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
 非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

~~~~~~~~~~~~~~

≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

~~~~~~~~~~~~~~

≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~


≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫


~~~~~~~~~~~~~~


≪ランダムで開放しています≫


LINE読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログQRコード
QRコード
著作権について
   © Rikako,2011

このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。