りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。視触診だけで簡単に下された診断。そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。“良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

≪私の記録 111≫ 婦人科検診


    2007年10月4日(木)

今日は婦人科のがん検査に行ってきた

そう...、あの痛~い検査

とにかくイヤでイヤで、
この半年、ずっと検査のことを考えてた


今日は副院長だった

...というより、
あえて副院長の日を選んで受診してみた


実は、6月に少量の出血があり、
その後も一度出血をして気になっていた

4月にがん検査をしているので
その可能性は低いと思ったが、
出血はやっぱり怖い

診てもらったところ、“びらん”とのこと

心配はないようだが、
今日のがん検査の結果も併せて
考えなければならないらしい



苦しい...

悲しい...

生きているのがつらい...


また心が壊れた...



私はまだ“女”なの?

婦人科に行くと、
自分の“女度合い”を思い知らされる...



生きる気力が残り少ない

もうダメだ...


もう少しでゲームオーバーになってしまう...



    2007年10月5日(金)

悲しくて、つらくて、切なくて、
胸が張り裂けそう...


やっぱり私、
生きている意味、ない...



    2007年10月8日(月)

今日は身体がとても楽だ

このまま副作用、軽くなりそうな感じがする


でも騙されない

きっと来週か再来週には、
またつらくなるんだ...



    2007年10月9日(火)

気持ちが悪い...

体調が良くて気持ちが悪い...

これが、“普通”のときの感じなんだ...

久し振りに味わう感覚

たまにこんな日がないと、
やってられないよね





   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
    両方押していただけると嬉しいです
       ↓         ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  人気ブログランキング   にほんブログ村


 ★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

 ★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


 

8月15日―― ~語り継いでいかなければならないもの~

忘れてはいけない歴史がある

語り継いでいかなければならない悲劇がある


あれから77年――




「今でも飛行機の音が聴こえると、
 ドキッとする」

と、むかし母が言っていた


まだ子どもだった私は、

「飛行機の音が聴こえたら楽しいのに、
 なんで?」

と、思った


ほとんどの子どもたちは、きっと、
飛行機の音が聴こえてくると
わくわくした気持ちで空を見上げる

そして、飛行機を探す

その姿を目にできたら、なんだか嬉しい


いや、
私は今でも飛行機の音が聴こえてくると
空を仰いでしまう

飛行機を探してしまう



が、母は違った

それは、母がまだ幼い頃、
戦争を体験していたからだ

母にとっては、“飛行機の音=B29”

「敵国の飛行機が来たから隠れなさい」

という、
あの当時の記憶が蘇るのだそうだ


「夜は敵に居場所を知られないよう
 (爆弾を落とされぬよう)、
 家の灯りを消し、
 窓から光が漏れないようにした」

そう聞いたことがある

映画やドラマで観たことのある、
“防空壕”や“防空頭巾”も、
母にとっては現実そのものだった




    『神風特攻隊員たちの遺書』








  しあわせにあふれている現代では
  考えられない現実がここにある


  何度見返しても、
  あふれて止まらない涙

  心が張り裂けそうだ


  決して忘れてはいけない歴史

  語り継いでいかなければならない、
  彼らの命



  この動画に寄せられている多くのコメント

  これらの想いにも、
  いつも泣かされるのだ



    乳がんになったからこそ感じた、
    命の重さ、尊さ...

    これからも、
    大切にして生きていかなければ...




    世界の平和を祈ります




   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
    両方押していただけると嬉しいです
       ↓         ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  人気ブログランキング   にほんブログ村


 ★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

 ★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


 

痩せても太っても...。

世間のイメージは、おそらく、

『がん=痩せる』


いや、それも一部正しい



私が乳がんになって思ったことは、

“ひとに「痩せた?」と
 無暗に聞かない方がいい”

ということ

それは自分が言われて、
あまりいい気持ちがしなかったから


乳がんになる前なら、
「痩せた?」という言葉は、
女性にとって嬉しいものだった

が、がんになると
意味合いがちょっと違ってくる



それに、がんは、痩せたら痩せたで、
「大丈夫?」と心配される

「末期なんじゃ...」とも思われる


が、太れば太ったで、
「“がん”って痩せるんじゃないの?」

そう言われ、

もうがんが治ったかのように思われ、

体調もよく、元気だと思われる


そんな厄介なところもある病だ



心配してくれるのはわかるが...


「なにも言わず、
 そっとしておいてほしい」


そんなことを思うのである――




   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
    両方押していただけると嬉しいです
       ↓         ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  人気ブログランキング   にほんブログ村


 ★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

 ★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から



りかこプロフィール

★2009年5月より
医療機関開催“がんサロン”発行による『がんサロン通信』にて、体験記・エッセイ執筆

★2010年9月
市広報にて体験記掲載

★2011年8月31日
乳がん体験記『4分の3の乳房(ちぶさ)』書籍自費出版

★2012年1月21日
講演『乳がん闘病記 ~「ありがとう」と「感謝」の気持ちに至るまで~』

★2012年4月5日
FMオホーツク『乳がんについて』FPとの対談

★2012年4月
キーストーンアライアンス『百年シナリオ通信』記事掲載

★2013年6月より
医療サイト『ドクターズガイド』、ブログ掲載

★2016年9月14日
フジテレビ『めざましテレビ ~がんの見落とし~』ブログ紹介・インタビュー放送

★2020年3月
一般社団法人全国がん患者団体連合会『がん教育外部講師講座』修了

★2021年10月
『がん予防功労者表彰』(道・市・健康づくり財団・対がん協会4社共催)


★その他
講演、ピンクリボン運動など啓発活動


★国家資格
1994年10月、調理師免許取得(食と健康を考える乳がん患者)

メッセージはこちらへ
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
 左乳房にしこりをみつける  

★2002年3月4日(月)
 視触診の結果“良性”と診断

★2006年11月8日(水)
 左乳房のしこり再受診  

★2006年11月15日(水)
 左乳房のしこり一部切除
  (外科的生検)

★2006年11月28日(火)
 乳がん告知      

★2007年1月11日(木)
 左乳がん手術

★2008年7月8日(火)
 局所再発の疑いで、
 細胞診・組織診(結果は良性)

★2009年2月17日(火)
 対側(右)乳がんの疑い
 (前年からしこりあり)経過観察

★2010年2月16日(火)
 右乳房細胞診(結果は良性)
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)
  (化学療法・放射線が効かない稀ながん細胞)
 ・非浸潤性乳管がん

 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・乳房扇状部分切除(4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤、
  4週間毎、2年間(23回)投与
 ・抗エストロゲン剤(クエン酸タモキシフェン)、
  5年服用
母の甲状腺がん(乳頭がん・転移性がん)
★2006年11月(私の乳がん告知の約2週間前)
 甲状腺がん告知

★2007年1月(私の乳がん手術の2週間後)
 甲状腺摘出手術・頸部リンパ節郭清

★2007年5月
 術後療法(RI治療・1回)
  通常2~3回の治療が必要なところ、
  1回の治療で身体の中にがんがないことが
  確認される

★2012年5月
 肺転移確認

★2015年5月
 小脳転移確認

★2015年7月18日
 永眠

  ※再発後の治療法・治療薬なし
ブログ記事検索
月別アーカイブ
たくさんの仲間のブログが見られます
Pinky Ring 黒


コメント欄について
★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
 これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
 非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

~~~~~~~~~~~~~~

≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

~~~~~~~~~~~~~~

≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~


≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫


~~~~~~~~~~~~~~


≪ランダムで開放しています≫


LINE読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログQRコード
QRコード
著作権について
   © Rikako,2011

このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。